FC2ブログ
大雪の庭

”こんな大雪は、十数年ぶり”とデンマーク人の誰もが
口にするほどの大雪。

薄暗い空からしんしんと降り続ける雪を見ていると
このまま雪に埋もれてしまうのかしらと
不安になるような 毎日でした。

デンマーク人は 雪のためにやってこないバスを
誰も怒らず 静かに何時間も待てるのです。
真っ暗な電車に乗ったときも いつもと変わらない。
そして、バスがこなくても仕方ないと思える。
どうしてなんだろう…。

”いつも”が違うのでしょうか?
時間にも心にもゆとりがなければ、
待つことも、仕方ないと思える気持ちにもならないでしょう。

日々、自分の手の届かない 問題がいろいろやってくる。

でも"思いもかけない川" の流れに逆らわず、
かつ 流されるではなく 
せめて 自分のいる場所を確かめながら
流れにのっていくしかないときもあるよね。

自然とともに生きている国の人の中にしか
育たないものもあるような気がしました。







 

スポンサーサイト